☎ 03-3405-0533

お電話でお気軽にお問い合わせ下さい
年中無休 10:00〜18:00
HOME > オフィシャルブログ > 画商安食邦雄 > 画廊の風習は古い?

画廊の風習は古い?

2021年04月05日(月)

画廊には、古い言葉や昔からあるものを良く使うところだと思う事があります。
会社ですと社員1年目、社員2年目等と言うのでしょうが、画廊の世界では第一番頭、第二番頭と
呼びます。
第一番頭は、社員1年目ではなく、古いベテラン社員順に使われます。
また、今ではお洒落な使い方もする風呂敷ですが、画廊では、大きな風呂敷で絵画を包み運ぶ習慣が残っています。丁稚奉公の風習が残っているのでしょう。
いかに手早く、シュッと心地よい音を立てて包み結ぶかも番頭の力量が垣間見れます。
風呂敷の畳み方も誰が最初に決めたのでしょうか?どの番頭も同じように手早く畳んで運びます。
今時、「番頭さん!」なんて呼んでいるところをみかけたら、びっくりするかもしれませんね。

ギャラリーアート六本木のご紹介

【所在地】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル7階D号室

【連絡先】
Tel 03-3405-0533 / Fax 03-3423-3496

【営業時間】
平日 10:00~18:00 / 日・祝 休

【東京都公安委員会許可】
第301118401187号