☎ 03-3405-0533

お電話でお気軽にお問い合わせ下さい
年中無休 10:00〜18:00
HOME > オフィシャルブログ > 美術展情報 > 「京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展に行ってきました

「京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展に行ってきました

2018年12月04日(火)

先日、穏やかな秋晴れの日に上野公園の国立博物館で

開催されている「京都大報恩寺快慶・定慶のもほとけ」展に行ってきました。

大報恩寺(だいほうおんじ)は千本釈迦堂の名で親しまれる古刹です。

鎌倉時代の1220年に義空(ぎくう)上人が開創しました。

本尊は快慶の一番弟子、行快が制作した釈迦如来座像で、

行快の代表作のひとつです。

その釈迦如来座像に侍り立つのは選りすぐりの

10人の僧侶の像です。

快慶、定慶、行快の名品がずらーりの並び圧巻でした。

10体そろって観られるのはまたとない機会だそうです。

こちらは唯一撮影することの出来た肥後定慶作「聖観音菩薩立像」です。

作品はとても少なめでした。

やはり昨年の運慶展の方がはるかによかったです。

展示物の多さが全てではないですが

やはり数が少なめなのでおのずと見どころは少なかったです。

へたに展示物を増やしてクオリティーを下げるよりは良いのかな?

ご興味を持たれた方はもうすぐ終わってしまいますので

ぜひ上野公園東京国立博物館へ

12月9日日曜日までです

ギャラリーアート六本木のご紹介

【所在地】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル7階D号室

【連絡先】
Tel 03-3405-0533 / Fax 03-3423-3496

【営業時間】
平日 10:00~18:00 / 日・祝 休

【東京都公安委員会許可】
第301118401187号