☎ 03-3405-0533

お電話でお気軽にお問い合わせ下さい
年中無休 10:00〜18:00
HOME > オフィシャルブログ > 画家先生とのエピソード > 作家先生との立ち位置

作家先生との立ち位置

2021年03月31日(水)

長く画商を営んでいると、突然、新進作家さんや、ベテランの作家さんから、電話やメールが
くることがあります。
画廊も大変ですが、画家さんも大変な時代なのでしょう。
用件は「絵を取り扱って欲しい。」や「絵を買い取って欲しい。」という内容です。
大家の作家もなかなか売れない時代ですから、早々、簡単に引き受けるのも辛い所です。
ですが、まずは作品を観てから判断はしています。
中には昔は、人気のあった作家や売れっ子作家だった方もいます。
前にもお話しましたが、交換会で相場がつく作家であれば、取扱っても問題が無いという事に
なるからです。
常に相場にアンテナを張っていないと、大損をすることにもなるので、日々、勉強です。
本来、作家を育てる(パトロン)になるのは画廊の役目のような時代がありました。
現在でも、そうであるべきなのかもしれませんが、このコロナ禍、不景気な中、画廊もそうですが
作家さんという仕事は厳しい時代を迎えているのだと考えています。

ギャラリーアート六本木のご紹介

【所在地】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル7階D号室

【連絡先】
Tel 03-3405-0533 / Fax 03-3423-3496

【営業時間】
平日 10:00~18:00 / 日・祝 休

【東京都公安委員会許可】
第301118401187号