☎ 03-3405-0533

お電話でお気軽にお問い合わせ下さい
年中無休 10:00〜18:00

私の兄弟

2021年05月27日(木)

私の兄弟の話を少ししたいと思います。
男4人の兄弟で、私は3男です。特に相談してこうなったわけではないのですが、長男と末の弟は
画家になりました。そして次男と私は画商となりました。
こんな話をすると珍しいとよく人に言われます。自分は子供の頃から絵に興味があったわけでも
ないのに、本当に想像もしてなかった人生になったと思います。
長男は子供の頃からとても絵が好きで上手でした。いつも絵を描いていた記憶があります。
ある時、西村龍介先生から「君、絵が上手だね。」と言われたのをきっかけに東郷青児先生を
紹介してくださり、そして東郷先生の所でお世話になることになりました。
当時、弟子を持たない東郷先生だったので珍しい事だったようです。


長兄一雄と東郷先生

その頃の私といえば、ホテルの配膳係の仕事をしていました。
末の弟は、長男が絵を描く様子を見ていて影響を受けたのでしょう。絵の道へと導かれるように
二科会の会員になり、長男と共に画家の道を志しました。
私は不満があった訳ではなかったのですが、何かもっとお金になる仕事はないかと考えていました。
考え、考えたあげく、長男に「東郷先生を紹介してくれないか?」とお願いしていました。
その時は挨拶程度でしたが、以前話したことのあるカレーショップに東郷先生は幾度も、足を運んで
下さり二口、三口食べ、黙って1万円札を置いて帰られるような方でした。
私は絵を描きませんので、東郷先生の絵をお借りして売り歩くようになったのが画商になる
第一歩になったのです。次男は私の仕事の様子を見ていて、「画商はいいな。」と感じたのかは
分かりませんが、「俺も画廊を開くことにする。」と言い出し、今現在に至っているわけです。
長男が絵の道を選んでいなかったら、兄弟皆、また全然違う道を歩いていたのだろうと思います。
今があるのは長男のお陰です。

ギャラリーアート六本木のご紹介

【所在地】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル7階D号室

【連絡先】
Tel 03-3405-0533 / Fax 03-3423-3496

【営業時間】
平日 10:00~18:00 / 日・祝 休

【東京都公安委員会許可】
第301118401187号