HOME > 取扱作家 > 洋画作家一覧 > 西村龍介(にしむらりゅうすけ)

西村龍介作品のご売却(買取)のご相談

西村龍介の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、西村龍介作品を無料査定・高価買取致します。

西村龍介(洋画作家)

西村龍介

西村龍介(にしむらりゅうすけ)プロフィール

大正9年(1920)〜平成17年(2005)
山口県に生まれ、東京で歿。本名は一男。

西村龍介は、繊細なタッチによる独特のマチエールが特徴的である。
渡欧を契機に古城シリーズを着手する。二科展で東郷青児賞、総理大臣賞、芸術選奨文部大臣賞を受賞。明るい色調と、すっきりした構図により静かなフランスの古城風景を題材に独自の表現を示した。
西村龍介の水辺に映る古城の作品は、人気が高い。

大正9年 西村龍介、山口県に生まれる。
平成17年 東京で歿。 享年85歳。

西村龍介略歴

大正9年 西村龍介、山口に生まれる
昭和15年 日本美術学校卒業と同時に出征。
林武にデッサンの指導を受ける
昭和20年 復員する。戦後、二科展に出品を始める
昭和31年 二科展で西村龍介、特特賞を受賞する
昭和33年 二科展で金賞を受賞する
昭和35年 二科会の会員になる
昭和38年 二科会会員努力賞を受賞する
昭和43年 第53回展で西村龍介「古城」が東郷青児賞を受賞する
昭和44年 西村龍介「遥かなる聖堂」が会員努力賞を受賞する
昭和46年 内閣総理大臣賞を受賞する
昭和47年 二科会委員となる
昭和48年 西村龍介個展開催
昭和50年 二科会委員長となる
昭和51年 西村龍介展開催
昭和53年 安田火災美術財団理事に就任する
昭和55年 西村龍介展開催
平成元年 芸術選奨文部大臣賞を受賞する
平成9年 回顧展開催。(東京)
平成17年 東京で歿。享年85歳

お申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。 西村龍介(にしむらりゅうすけ)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、 是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接、査定・買取をご依頼頂くことができます。ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。お持込が難しい遠方の方は、こちらをご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. 1.お名前
  2. 2.ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 3.作家名・作品名
  4. 4.作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 5.作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)
    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496