HOME > 取扱作家 > 日本画作家一覧 > 東山魁夷(ひがしやまかいい)

東山魁夷作品のご売却(買取)のご相談

東山魁夷の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、東山魁夷作品を無料査定・高価買取致します。

東山魁夷(日本画作家)

東山魁夷絵画作品

東山魁夷(ひがしやまかいい)プロフィール

明治41年(1908) ~ 平成11年(1999) 
横浜に生れ、千葉県市川市で歿。本名は新吉。

東山魁夷は、自然界の生命の営みを、日本人ゆえの色彩感覚による
やさしい色合いで描いた。
風景画家としての独自の表現を確立し、自然や人間の営みを描き、
清新な抒情性と深い精神性への追求が、人々の共感を得る。

明治41年  東山魁夷、神奈川県横浜市に生れる。
平成11年  千葉県市川市で歿。

東山魁夷略歴

明治41年 神奈川県横浜市に生れる
大正15年 東京美術学校(現:東京藝術大学)日本画科に入学する
昭和6年 東京美術学校(現:東京藝術大学)日本画科を卒業する。
研究科に進む。結城素明に師事、「魁夷」を雅号とする
昭和8年 東京美術学校研究科を修了。東山魁夷、ドイツ・ベルリン大学に留学する
昭和10年 帰国する
昭和12年 結城素明・川崎小虎・青木大乗らにより「大日美術院」が創立され、出品する
昭和14年 川崎小虎らを中心に「日本画院」が結成され、出品する
昭和18年 美術団体「国土会」の結成に参加する
昭和20年 召集される。熊本で終戦を迎える
昭和22年 第3回日展で東山魁夷『残照』が特選を得る
昭和25年 第6回日展に東山魁夷『道』を出品する
昭和31年 第12回日本芸術院賞を受賞する
昭和47年 白い馬シリーズを描く
昭和49年 日展理事長に就任する
昭和54年 「日本東山魁夷絵画展覧会」が開催され訪独
昭和55年 「第二期唐招提寺障壁画展」が開催される
昭和61年 日本芸術院第一部長に選任される
平成7年 米寿記念「唐招提寺障壁画と画業60年の歩み、東山魁夷展」開催
平成11年 千葉県市川市にて歿。勲一等瑞宝章受章

お申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。 東山魁夷(ひがしやまかいい)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、 是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接、査定・買取をご依頼頂くことができます。ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。お持込が難しい遠方の方は、こちらをご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. 1.お名前
  2. 2.ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 3.作家名・作品名
  4. 4.作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 5.作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)
    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496