HOME > 取扱作家 > 洋画作家一覧 > 東郷青児(とうごうせいじ)
Loading

東郷青児作品のご売却(買取)のご相談

東郷青児の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、東郷青児作品を無料査定・高価買取致します。

東郷青児(洋画作家)

東郷青児絵画作品

東郷青児(とうごうせいじ)プロフィール

明治30年(1897) ~ 昭和53年(1978)
鹿児島市に生れ、熊本市で歿。本名は鉄春。

大正から昭和にかけて活躍した画家、東郷青児(とうごうせいじ)は、柔らかな曲線と穏やかな色調で多くの女性像を描き、ロマンチックな画風で極めて洗練された感覚と美意識をもって描きあげ絶大な人気を誇った戦後洋画界の巨人です。
東郷青児は、誰にでも理解でき、親しめる芸術を標榜しました。
10代でヨーロッパ前衛美術の洗礼を受け、フランスで最先端の動向に身を投じます。やがて、前衛的な理論を越えた、優美で親しみやすい独特の東郷青児のスタイルを確立しました。美術は多くの人々が楽しめるものであるべきとの思いから、誰もが美しいと感じる絵画を生み出していきました。

明治30年 東郷青児 鹿児島に生まれる。本名は鉄春。幼少時に東京に転居。

昭和53年 二科展の開催のために訪れていた熊本県で死去。

東郷青児略歴

大正3年 青山学院中等部を卒業する
大正4年 日比谷美術館で東郷青児初個展をする。有島生馬を知り、以後師事する
大正5年 第3回二科展に初出品の東郷青児『パラソルさせる女』が二科賞を受賞する
大正10年 第7回帝展で東郷青児『 T 嬢の像』が特選となる
昭和2年 フランスに留学し、リヨン美術学校に学ぶ
昭和3年 帰国する。第15回二科展に留学中に描いた作品23点を出品する
第1回昭和洋画奨励賞を受賞する
昭和6年 二科会に入会する
昭和13年 二科会に「九室会」が結成され、藤田嗣治と共に顧問になる
昭和20年 終戦後の二科会再建にする尽力
昭和23年 東京歌舞伎座の緞帳「女の四季」を手掛ける
昭和32年 日本芸術院賞を受賞する
昭和35年 日本芸術院会員となる
昭和36年 二科会会長となる
昭和44年 フランス政府よりオフィシェ・ドルドル・デ・ザール・エ・レットル
(文芸勲章)を授与される
昭和51年 東郷青児美術館(現:損保ジャパン東郷青児美術館)が開設
勲二等旭日重光章授与
昭和53年 東郷青児死去。没後、文化功労者、正四位追贈される

お申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。 東郷青児(とうごうせいじ)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、 是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接、査定・買取をご依頼頂くことができます。ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。お持込が難しい遠方の方は、こちらをご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. 1.お名前
  2. 2.ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 3.作家名・作品名
  4. 4.作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 5.作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)
    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496