HOME > 取扱作家 > 洋画作家一覧 > 斉藤三郎(さいとうさぶろう)

斉藤三郎作品のご売却(買取)のご相談

斉藤三郎の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、斉藤三郎作品を無料査定・高価買取致します。

斉藤三郎(洋画作家)

斉藤三郎絵画作品

斉藤三郎(さいとうさぶろう)プロフィール

大正6年(1917)〜平成8年(1996)
埼玉県熊谷市に生まれ、浦和市で沒。

斉藤三郎(さいとうさぶろう)は出征中画家になることを決意し、独学で絵画を学び画家となる。
渡欧後はスぺインの踊り子や風景などを描き、フラメンコやスペインの人々を描く第一人者として人気を高める。なかでも斉藤三郎が作り出す「真紅」の情熱的な色は観る人を惹きつける色彩感覚に溢れている。

大正6年  斉藤三郎、埼玉県熊谷市に生まれる。
平成8年  埼玉県浦和市で沒。

斉藤三郎略歴

大正6年 埼玉県熊谷市に生まれる
昭和12年 内務省に勤務するかたわら、東京物理学校(現東京理科大学)に学ぶ
昭和15年 東京物理学校を中退して出征。戦地で画家になることを決意し、多数のデッサンを描く
昭和21年 第31回二科展に斉藤三郎初入選
昭和23年 第33回二科展にて斉藤三郎「敗戦の自画像」が特待賞受賞
昭和24年 サロン・ド・プランタンに出品。第3回美術団体連合展に出品
昭和25年 斉藤三郎「信仰の女」で第35回二科展二科賞受賞
昭和29年 二科会会員推挙
昭和36年 第46回二科展にてパリ賞を受賞
昭和47年 渡欧。第57回二科展に斉藤三郎「セビージャの祭り」を出品し、内閣総理大臣賞を受賞。埼玉県文化賞受賞。二科会委員となる、またこの頃からスペインの人物を描き始める
昭和49年 渡欧、おもにスペインに滞在する
昭和50年 渡欧、おもにスペイン、イタリア、ベルギーに滞在。二科展(エジプト政府主催、カイロ国立ファイン・アート・ギャラリー)に出品
平成8年 埼玉県浦和市にて死去。享年78

お申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。 斉藤三郎(さいとうさぶろう)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、 是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接、査定・買取をご依頼頂くことができます。ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。お持込が難しい遠方の方は、こちらをご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. 1.お名前
  2. 2.ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 3.作家名・作品名
  4. 4.作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 5.作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)
    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496