☎ 03-3405-0533

お電話でお気軽にお問い合わせ下さい
年中無休 10:00〜18:00
HOME >  取扱作家 >  洋画作家一覧 >  児島善三郎(こじまぜんざぶろう)

児島善三郎(こじまぜんざぶろう)

児島善三郎作品のご売却(買取)のご相談

児島善三郎の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、児島善三郎作品を無料査定・高価買取致します。

児島善三郎(洋画作家)

児島善三郎 絵画作品
児島善三郎絵画作品

児島善三郎(こじまぜんざぶろう)プロフィール

明治26年(1893) ~ 昭和37年(1962)
福岡市で生れ、千葉市で歿。

児島善三郎が提唱する「日本的洋画」の主張(日本的風土に則したフランス・フォーヴィスムの受容)を広く画壇に波及させた。日本独自の油彩画の確立に情熱を燃やした作家である。

明治26年 児島善三郎、紙問屋児島本家の第9代当主・児島善一郎、トヨの長男として、福岡に生まれる。幼名は義太郎。
昭和37年 千葉市の額田病院にて肝臓癌で没。享年69歳。

児島善三郎略歴

明治26年 児島善三郎、紙問屋児島本家の第9代当主・児島善一郎、トヨの長男として、福岡に生まれる
明治40年 福岡県立中学修猷館に入学する
明治45年 修猷館を卒業し、長崎医学専門学校薬学科(現・長崎大学薬学部)に入学するも、同年、中退する。
岡田三郎助が指導する本郷洋画研究所で学ぶ。以後独学で学ぶ
大正10年 第8回二科展で、児島善三郎『早春の下板橋付近』が初入選する
大正11年 児島善三郎『裸女』、『代々木風景』が二科賞を受賞する
大正12年 萬鉄五郎を中心とする円鳥会の結成に林武らと共に参加し、その第1回展に児島善三郎『若き女の首』など出品する
大正13年 児島善三郎、渡欧する
昭和3年 帰国する。帰国後二科会に滞欧作を出品する
昭和4年 二科会会員となる
昭和5年 二科会を脱会し独立美術協会を設立する
昭和11年 代々木から国分寺に転居し、ここで児島善三郎『箱根』、『東風』、『春遠からじ』などの作品を制作する
昭和21年 読売新聞社主催の新興日本美術展の審査員を務める
昭和33年 週刊朝日に有馬稲子をモデルにした表紙画を描く。
銀座・松屋で開催された朝日新聞社主宰の児島善三郎自選展に、初期作品から近作まで絵画、彫刻百二点を出品する
昭和37年 肝臓癌にて逝去。享年69歳

児島善三郎(こじまぜんざぶろう)作品の買取・査定・鑑定のお申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。 児島善三郎(こじまぜんざぶろう)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接お電話をいただき、絵画の査定・買取をご依頼頂くことができます。
ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。
お持込が難しい遠方の方等、お気軽にご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. お名前
  2. ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 作家名・作品名
  4. 作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)

    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496

ギャラリーアート六本木のご紹介

【所在地】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル7階D号室

【連絡先】
Tel 03-3405-0533 / Fax 03-3423-3496

【営業時間】
平日 10:00~18:00 / 日・祝 休

【東京都公安委員会許可】
第301118401187号