☎ 03-3405-0533

お電話でお気軽にお問い合わせ下さい
年中無休 10:00〜18:00
HOME >  取扱作家 >  洋画作家一覧 >  鶴岡義雄(つるおかよしお)

鶴岡義雄(つるおかよしお)

鶴岡義雄作品のご売却(買取)のご相談

鶴岡義雄の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、鶴岡義雄作品を無料査定・高価買取致します。

鶴岡義雄(洋画作家)

鶴岡義雄絵画作品
鶴岡義雄絵画作品

鶴岡義雄(つるおかよしお)プロフィール

大正6年(1900)〜平成19年(2007)
茨城県土浦市に生まれ、90歳で歿。

パリにアトリエを構えて都会の洗練された女性美を追求し、それが鶴岡義雄の主題的なテーマとなって確立された。
パリにいた頃に、鶴岡義雄は
「パリにいてもふと日本人の心がよみがえるのです。日本に帰る間際、純日本式の千年の様式美である舞妓を描きたいと思ったのです。」
(茨城新聞「対談 舞妓に理想美を求めて」)
と述べている。
マドモアゼルシリーズから自身の終生のテーマとなる舞妓シリーズまで、根底にはそれぞれ共通する洗練された伝統の美を見出し、モダンでエキゾチックな画風は多くの人から愛されている。

大正6年 茨城県土浦市に生まれる。
平成19年 10月27日、90歳で歿。

鶴岡義雄略歴

大正6年 茨城県土浦市に生まれる
昭和16年 日本美術学校を卒業する。第28回二科展に初入選する
昭和22年 第32回二科展入選。二科賞を受章する
昭和25年 二科会員に推挙される
昭和35年 山種美術館に鶴岡義雄「ベニス風景」が所蔵され
昭和40年 第50回二科展、会員努力賞を受章する
昭和47年 カンヌ国際展に招待出品、総理公邸に買上される
昭和49年 第59回二科展、総理大臣賞を受章する
昭和55年 二科会常務理事に就任する。
日動画廊主催、鶴岡義雄「舞妓展」を開催する
昭和63年 日比谷シャンテにて「鶴岡義雄大作展」を開催する
平成2年 第75回二科展、日本芸術院賞を受章する
平成5年 勲四等旭日小綬賞を受賞する
平成6年 日本芸術院会員となる
平成9年 つくば美術館にて「鶴岡義雄展」を開催する
平成11年 つくば国際会議場にて、鶴岡義雄「春夏秋冬」を完成する
平成14年 二科会理事に就任する
平成18年 二科会名誉理事に就任する
平成19年 10月27日、90歳で歿

鶴岡義雄(つるおかよしお)作品の買取・査定・鑑定のお申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。 鶴岡義雄(つるおかよしお)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接お電話をいただき、絵画の査定・買取をご依頼頂くことができます。
ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。
お持込が難しい遠方の方等、お気軽にご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. お名前
  2. ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 作家名・作品名
  4. 作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)

    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496

ギャラリーアート六本木のご紹介

【所在地】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル7階D号室

【連絡先】
Tel 03-3405-0533 / Fax 03-3423-3496

【営業時間】
平日 10:00~18:00 / 日・祝 休

【東京都公安委員会許可】
第301118401187号