☎ 03-3405-0533

お電話でお気軽にお問い合わせ下さい
年中無休 10:00〜18:00
HOME >  取扱作家 >  洋画作家一覧 >  森田茂(もりたしげる)

森田茂(もりたしげる)

森田茂作品のご売却(買取)のご相談

森田茂の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、森田茂作品を無料査定・高価買取致します。

森田茂(洋画作家)

森田茂 絵画作品
森田茂絵画作品

森田茂(もりたしげる)プロフィール

明治40年(1907)〜平成21年(2009)
茨城県に生まれ、東京で沒。

森田茂(もりたしげる)は18歳の年から絵を描きはじめ、80数年間の修業で体得した作品は、力強い筆跡の重厚な芸術の極みを呈している。
郷里に恩返しをしたいと常々、語っていた。
90歳を過ぎたころから車いすの生活になるが、創作への意欲は衰えることがなかった。
森田茂の代表作に「黒川能」、「富士山」がある。

明治40年  森田茂、茨城県に生まれる。
平成21年  東京で沒。

森田茂略歴

明治40年 茨城県下館市本城町に生まれる
大正14年 茨城県師範学校(現茨城大学)を卒業後、大田尋常高等小学校の教員となる。
その後、画家を志して、上京する
昭和6年 茨城県出身の熊岡美彦絵画道場夜間部に入所し、画家の第一歩を踏み出す
昭和9年 第15回帝国美術院展覧会に、森田茂「神楽獅子の親子」が初入選する
昭和13年 東光会会員となる。同年、第2回新文展に出品した、森田茂「金蔵獅子」が特選を受賞。
作品は外務省買上となり、イタリア首相に贈呈される
昭和14年 第2回文展で森田茂「金蔵獅子」が特選受賞
昭和16年 安増初子と結婚する
昭和31年 日展審査員、昭和33年日展会員となる
昭和41年 59歳になった年、山形県羽黒山にて、初めて黒川能を観て感銘を受け、それ以後、黒川能をテーマとした作品を盛んに描く。
この年、森田茂「黒川能」が第9回日展で文部大臣賞を受賞する
昭和45年 第1回日展に出品した「黒川能」で日本芸術院賞を受賞した
昭和51年 日本芸術院会員、翌年、日展常務理事、東光会初代理事長となる
昭和52年 勲三等瑞宝章受賞
昭和57年 日展顧問となる
昭和61年 10月に森田茂展「その軌跡とふるさと」を開催し、1万名余の市民が鑑賞した。
これを機に森田茂は「黒川能」、「下館みこし祭」他、油彩画22点を下館市に寄贈する
平成元年 国宝善光寺本堂昭和大修理落慶記念「森田茂展」を開催。文化功労者に選ばれる
平成4年 下館市名誉市民、翌年茨城県名誉県民に推挙される
平成5年 文化勲章受賞
平成9年 90歳の卒寿を記念する大規模な展覧会「森田茂展」を下館を含めた全国4ヶ所で開催し、多くの市民が森田茂芸術の真髄に触れた
平成17年 東京で歿

森田茂(もりたしげる)作品の買取・査定・鑑定のお申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。 森田茂(もりたしげる)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接お電話をいただき、絵画の査定・買取をご依頼頂くことができます。
ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。
お持込が難しい遠方の方等、お気軽にご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. お名前
  2. ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 作家名・作品名
  4. 作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)

    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496

ギャラリーアート六本木のご紹介

【所在地】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル7階D号室

【連絡先】
Tel 03-3405-0533 / Fax 03-3423-3496

【営業時間】
平日 10:00~18:00 / 日・祝 休

【東京都公安委員会許可】
第301118401187号