HOME > 取扱作家 > 版画作家一覧 > 棟方志功(むなかたしこう)

棟方志功作品のご売却(買取)のご相談

棟方志功の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、棟方志功作品を無料査定・高価買取致します。

棟方志功(版画作家)

棟方志功絵画作品

棟方志功(むなかたしこう)プロフィール

明治36(1903)~昭和50(1975)
青森県に生れ、東京都杉並区で歿。

国内国外を問わず、棟方志功の業績は、あらゆる栄誉、表彰につつまれている。郷里を後にして青雲の夢を胸一杯に抱き、ゴッホになると叫んでいた青年はあらゆる辛苦をなめながら、多くの恩恵の手に迎えられ、その宿願を達した。棟方志功は文化勲章を受けても、童心を失わず、誇らず、ほとんど見えない眼を板に押し付けて描き続けた。棟方志功の絵は美しいとか醜いとかいう枠から一歩出たものであり、ここに棟方志功の強みがある。
棟方志功の郷土を愛する心は人一倍強く、凧絵やねぶたはもちろんの事、風物に対しても強く心をよせていた。棟方は版画のほかに油絵、倭画、詩歌などに多くの傑作を残している。

昭和36年 棟方志功青森県に生まれる。ゴッホの「ひまわり」に感動して画家を志す。

昭和50年 東京都杉並区の自宅で肝臓癌のため死去。

棟方志功略歴

明治36年 青森県青森市に鍛冶屋の子として生れる。小学校を出ると青森地裁の
給仕になり、絵画を独学で勉強する
大正10年 ゴッホの「ひまわり」に感動して画家を志す
大正13年 画家を志し上京する
大正15年 版画家 川上澄生の作品を見て感動し版画を志すきっかけとなる
昭和2年 日本版画協会会員となる
昭和3年 版画家 平塚運一のもとで版画を学び始め、本格的な木版画制作を始める帝展で初入選する。白日会に油絵、日本創作版画協会、春陽会に木版画を出品する
昭和5年 国画会に版画を出品し、主要作品を発表し始める
昭和11年 国画会に出品した「大和し美し」が棟方志功の出世作となり、これを機に柳宗悦、濱田庄司、河井寛次郎ら民芸運動指導者に見出され知遇を受け、以降の棟方志功芸術に多大な影響を及ぼすことになる
昭和12年 国画会同人となる
昭和13年 第2回新文展に「善知鳥(うとう)」を出品し、特選受賞
昭和14年 「釈迦十大弟子」を制作
昭和15年 第5回佐分賞受賞
昭和20年 東京代々木の自宅が空襲で消失。戦前の作品や板木のほとんどを失う
昭和27年 第2回ルガノ国際版画展(スイス)で日本人初優勝賞を受賞。
日本版画協会を脱会し、日本版画院を結成
昭和30年 第3回サンパウロ・ビエンナーレ国際美術展で版画部門最高賞を受賞
昭和31年 第28回ヴェネツア・ビエンナーレで日本人初の国際美術展で国際版画大賞を受賞。「世界のムナカタ」の地位を確立する
昭和33年 日展会員となる
昭和34年 東京国立近代美術館で「ヨーロッパ巡回棟方志功展国内展示」を開催。
以後2年にわたりヨーロッパ主要都市を巡回する
昭和35年 アメリカ各地で棟方志向展を開催する。
日展評議員となる。患っていた眼病が悪化し、左目がほとんど失明する
昭和40年 朝日賞(文化賞)を受賞する。イタリア芸術院名誉会員となる
昭和42年 アメリカ各地で個展開催する
昭和45年 毎日芸術大賞。文化勲章受賞。文化功労者として顕彰される
昭和50年 日展常任理事となる。
9月13日、肝臓癌のため東京都杉並区の自宅で死去する。
青森市に棟方志功記念館が開館する

お申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。棟方志功(むなかたしこう)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、 是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接、査定・買取をご依頼頂くことができます。ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。お持込が難しい遠方の方は、こちらをご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. 1.お名前
  2. 2.ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 3.作家名・作品名
  4. 4.作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 5.作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)
    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496