HOME > 取扱作家 > 日本画作家一覧 > 中島千波(なかじまちなみ)

中島千波作品のご売却(買取)のご相談

中島千波の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、中島千波作品を無料査定・高価買取致します。

中島千波(日本画作家)

中島千波絵画作品

中島千波(なかじまちなみ)プロフィール

昭和20年(1945)~
長野県小布施に生まれ、現在も制作活動に励んでいる。

桜の千波、花の千波といわれ日本画界の中でも線の美しさ、色彩派として知られている中島千波の作品は、おぶせミュージアム中島千波館で常設している。数々の大作がここで見られるが、中島千波のなかなか見ることはない珍しい作品として、ヨーロッパの民芸品などを描いた静物画の小品もある。中島千波の明快な色彩の響きが楽しむことが出来る。

昭和20年  中島千波、長野県小布施に生まれる。

中島千波略歴

昭和20年 10月21日、日本画家・中島清之の三男として疎開先の長野県上高井郡小布施村に生まれる
昭和23年 神奈川県横浜市に家族と戻る
昭和44年 東京芸術大学日本画科卒業。第54回院展初入選する。第4回神奈川県展受賞
昭和46年 東京芸術大学大学院修了。第1回山種美術館賞展に出品。日本美術院院友推挙
昭和52年 第32回春の院展奨励賞。第62回院展奨励賞
昭和53年 第33回春の院展奨励賞
昭和54年 第5回山種美術館賞展、優秀賞受賞
昭和55年 第2回秀作美術展に招待される
昭和56年 第3回秀作美術展に招待される。第6回山種美術館賞展に招待される
昭和58年 中島千波、昭和世代日本画展に出品する
昭和60年 第1回日本画裸婦大賞展で中島千波の作品が大賞を受賞する
昭和62年 4月、NHK「今日の料理」の表紙絵を担当する。(3年間)
昭和63年 第73回院展奨励賞受賞。9月、朝日新聞朝刊 宮尾登美子作「きのね」の挿絵を担当する
平成元年 第44回春の院展奨励賞受賞。ユーロパリア’89ジャパン現代日本画展に出品
平成2年 横浜三渓園臨春閣の襖絵「不二と桃花図」「松林図」を完成。第75回院展奨励賞受賞特待に推挙
平成3年 第46回春の院展奨励賞受賞。第76回院展奨励賞受賞
平成4年 長野県小布施町に「おふせミュージアム・中島千波館」がオープン
平成6年 東京芸術大学美術学部助教授に就任する
平成7年 中島千波展がパリ・三越エトアールにて開催される
平成10年 日本美術院を退院
平成12年 東京芸術大学美術学部教授に就任する

お申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。 中島千波(なかじまちなみ)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、 是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接、査定・買取をご依頼頂くことができます。ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。お持込が難しい遠方の方は、こちらをご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. 1.お名前
  2. 2.ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 3.作家名・作品名
  4. 4.作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 5.作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)
    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496