☎ 03-3405-0533

お電話でお気軽にお問い合わせ下さい
年中無休 10:00〜18:00
HOME >  取扱作家 >  洋画作家一覧 >  オノサト・トシノブ(おのさととしのぶ)

オノサト・トシノブ(おのさととしのぶ)

オノサト・トシノブ作品のご売却(買取)のご相談

オノサト・トシノブの絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、オノサト・トシノブ作品を無料査定・高価買取致します。

オノサト・トシノブ(洋画作家)

オノサト・トシノブ 絵画作品
オノサト・トシノブ絵画作品

オノサト・トシノブ(おのさととしのぶ)プロフィール

明治45年(1912年)~昭和61年(1986年)
長野県飯田市に生まれ、自宅で歿 享年74歳

オノサト・トシノブは津田青楓洋画塾出身。
戦後はヴェネツィア・ビエンナーレやその他欧米の美術展に積極的に出品・参画した。
グッケンハイム美術館や、日本各地の美術館に作品が収蔵されている。
モザイク状の幾何学的抽象様式が知られ、版画、シルクスクリーン作品も多い。
本名は小野里利信。

明治45年  オノサト・トシノブ、長野県飯田市に生まれる
昭和61年 自宅で死去。享年74歳

オノサト・トシノブ略歴

明治45年 長野県上田市に生まれる
昭和6年 津田青楓洋画塾に入塾
昭和10年 第22回二科展に入選。
清風塾出身者を中心に「黒色洋画展」を結成し、第一回展を銀座の近代画廊で開催した。
昭和11年 長谷川三郎から瑛九を紹介されて、久保貞次郎を知る
昭和17年 徴兵される
昭和20年 満州で終戦を迎え3年間シベリアで抑留される
昭和23年 ナホトカより帰国、群馬県桐生市に住む
昭和26年 田口智子(後の画家オノサト・トモコ)と結婚
昭和27年 この頃からオノサト・トシノブと表記する
昭和28年 神田のタケミヤ画廊で初の個展。
国立近代美術館の「抽象と幻想」展に出品
昭和36年 ワシントンDCのグレス画廊で個展
昭和38年 第7回日本国際美術展に「相似」を出品。最優秀賞を受ける
昭和39年 グッケンハイム国際賞展に出品し作品が同館の所蔵となる
昭和41年 「世界」2月号に「色と形と生命力」を発表
昭和45年 第10回現代日本美術展に「32個の丸」を出品
昭和47年 チューリッヒのコルンフェルト画廊で個展
昭和49年 デュセルドルフ美術館の「日本-伝統と現代」展に出品
昭和61年 5月 六本木のストライプハウス美術館にて「オノサト・トシノブ展」と「オノサト・トモコ展」を同時開催。  
11月30日、急性肺炎のため自宅で死去。享年74歳
平成4年 群馬県桐生市に「オノサト・トシノブ美術館」設立
平成12年 群馬近代美術館にて大規模な「オノサト・トシノブ展」が開催された

オノサト・トシノブ(おのさととしのぶ)作品の買取・査定・鑑定のお申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。 オノサト・トシノブ(おのさととしのぶ)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接お電話をいただき、絵画の査定・買取をご依頼頂くことができます。
ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。
お持込が難しい遠方の方等、お気軽にご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. お名前
  2. ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 作家名・作品名
  4. 作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)

    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496

ギャラリーアート六本木のご紹介

【所在地】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル7階D号室

【連絡先】
Tel 03-3405-0533 / Fax 03-3423-3496

【営業時間】
平日 10:00~18:00 / 日・祝 休

【東京都公安委員会許可】
第301118401187号