HOME > 取扱作家 > 洋画作家一覧 > 田村能里子(たむらのりこ)

田村能里子作品のご売却(買取)のご相談

田村能里子の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、田村能里子作品を無料査定・高価買取致します。

田村能里子(洋画作家)

田村能里子絵画作品

田村能里子(たむらのりこ)プロフィール

昭和19年~ 愛知県葉栗郡木曽川町(現/一宮市)に生まれる

壁面いっぱいに広がる「赤」の色彩と、独特のマチエール。
数々の壁面を手掛け、今、新たなるモチーフを求め、アジア第3の地タイで制作に励む。 現在、もっとも活動的な画家の1人である。

昭和19年 愛知県葉栗郡木曽川町(現/一宮市)に生まれる

田村能里子略歴

昭和41年 武蔵野美術大学油絵実技専修科卒業
昭和44年 インドに滞在。大地に生きる人々、風土を描き始める
昭和49年 帰国後、初個展/油彩デッサン「印度の女たち」を開く
昭和57年 個展「被衣女郡像Ⅱ」開催。昭和会展「鳥と女」優秀賞
昭和58年 現代の裸婦展「風に聴く」グランプリ。 インドシカバティ地方のブオノ式壁画を探訪
昭和61年 文化庁在外研修員として北京中央美術大学に留学
平成7年 の赴任先である、タイ・バンコクに同行。 南国の光と明るい色彩の中で壁画・油彩画などを制作。タイと日本を度々往服して、横浜みなとみらいコンサートホールを はじめとして、壁画7作を制作
平成20年 大本山天龍寺塔頭宝厳院本堂再建襖絵 完成記念「田村能里子展」開催
平成27年 月間経済紙「カレント」表紙絵担当       
・パラミタミュージアム「シルクロードの女たち」シリーズデッサン       
・油彩画「風のうたを聴く」常設展       
・「第4回薔薇展」日本橋横浜大阪高島屋に「凛として咲く」出品       
・名古屋高島屋に「日差しの中のパペット」を出品       
・日本橋会展に「トライアングル」を出品       
その他、日動画廊銀座「日動展」などに出品

お申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます田村能里子(たむらのりこ)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、 是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接、査定・買取をご依頼頂くことができます。ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。お持込が難しい遠方の方は、こちらをご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. 1.お名前
  2. 2.ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 3.作家名・作品名
  4. 4.作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 5.作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)
    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496