☎ 03-3405-0533

お電話でお気軽にお問い合わせ下さい
年中無休 10:00〜18:00
HOME >  取扱作家 >  洋画作家一覧 >  中山忠彦(なかやまただひこ)

中山忠彦(なかやまただひこ)

中山忠彦作品のご売却(買取)のご相談

中山忠彦の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、中山忠彦作品を無料査定・高価買取致します。

中山忠彦(洋画作家)

中山忠彦 絵画作品
中山忠彦 絵画作品

中山忠彦(なかやまただひこ)プロフィール

昭和10年(1935)~
福岡県北九州に生まれる

清麗典雅な永遠の女性美を描き、表現であらわす品格は他にみられないほど端正で甘美な造型世界に魅了される。

中山忠彦略歴

昭和10年福岡県北九州市に生まれる
昭和19年戦争の激化にともない両親の出生地に疎開
昭和25年 県立中津西高(現中津南高)に入学 この頃より故武田由平先生の指導を受ける
県展に初出展して入選
昭和26年田能村竹田を偲ぶ美術展に出品し、県知事賞を受賞 記念に叔父より油絵具一式を贈られる
昭和28年上京し、大垣誠三氏より伊藤清永先生を紹介される
さらに、伊藤清永先生の紹介で阿佐ケ谷洋画研究所(三輪孝氏主宰)に入る
昭和29年第10回日展に「窓辺」60号が初入選
昭和32年渋谷区上原に転居し、独立生活を始める
昭和33年白日展に「群像」を出品し、会員に推挙される
昭和38年会津若松に写生旅行中、若林良江と出会う
昭和40年若林良江と結婚する
昭和45年市川市国府台に画室を新築して転居
昭和47年初の欧州旅行(夫人と共に2ヶ月にわたりヨーロッパを旅行)
昭和49年リトグラフ集「Les Trois Femmes」を出版
昭和54年石版画集「粧」を出版
昭和55年白日展に「妝う」80号を出品し、内閣総理大臣賞を受賞
昭和58年「中山忠彦画集」を出版(求龍堂)
昭和60年 フジテレビ、テレビ美術館「中山忠彦・新しい女性美を求めて」が放映される
「昭和世代を代表する作家シリーズ 中山忠彦展」が開催され、新宿伊勢丹・名古屋松坂屋・大丸・心斎橋・福岡県立美術館を巡回する
昭和62年 日展会員となる
平成2年 国際花と緑の博覧会の迎賓館・政府苑貴賓室に「花装」が展示される
同博覧会協会の依頼により石版画「双花」を制作する
日展に「青衣」100号を出品し、日展会員賞受賞
平成10年 「黒扇」にて日本芸術院賞受賞
日展理事となる
日本芸術院会員となる
平成11年 日展常務理事となる
平成13年 日展事務局長となる
平成14年 白日会会長就任
平成19年 市川市市政功労賞受賞
北九州市民文化賞受賞
平成21年 日展理事長就任(~’13)
中津市民栄誉賞受賞
平成26年 市川市名誉市民として顕彰される
平成27年 市川市文化振興財団理事長就任

中山忠彦(なかやまただひこ)作品の買取・査定・鑑定のお申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。 中山忠彦(なかやまただひこ)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接お電話をいただき、絵画の査定・買取をご依頼頂くことができます。
ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。
お持込が難しい遠方の方等、お気軽にご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. お名前
  2. ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 作家名・作品名
  4. 作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)

    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496

ギャラリーアート六本木のご紹介

【所在地】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル7階D号室

【連絡先】
Tel 03-3405-0533 / Fax 03-3423-3496

【営業時間】
平日 10:00~18:00 / 日・祝 休

【東京都公安委員会許可】
第301118401187号