☎ 03-3405-0533

お電話でお気軽にお問い合わせ下さい
年中無休 10:00〜18:00
HOME > 【美術品豆知識】版画の印刷の種類

【美術品豆知識】版画の印刷の種類

版画と一言で言っても色々な手法があります。

印刷する版面の種類は大きく分けると4種類になります。木版画、銅版画、石版画、シルクスクリーンに分類されます。

木版画

木版画

木版画は、版画の凸版における代表的な版種で、版材に木材を用い、彫刻刀などを使用して版面に作り出した凸部にインク(絵具)をのせて、バレンなどで圧力をかけることで、インクを版から紙に転写する版画のことをいいます。

銅板画

銅板画

銅の版に絵画、文字などを彫ってその銅版の表面を凹版にしてインクを流して印刷を行います。

シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷

シルク(現在ではナイロン・テトロン等)のメッシュを枠に張った版を用いる印刷技術です。

主に繊維への印刷等で使用される印刷方法です。

美術品豆知識一覧へ戻る

ギャラリーアート六本木のご紹介

【所在地】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル7階D号室

【連絡先】
Tel 03-3405-0533 / Fax 03-3423-3496

【営業時間】
平日 10:00~18:00 / 日・祝 休

【東京都公安委員会許可】
第301118401187号