☎ 03-3405-0533

お電話でお気軽にお問い合わせ下さい
年中無休 10:00〜18:00
HOME > 版画の種類

版画の種類

版画はさまざまな版の形式と技法があります。
木、石、金属、絹といった版材でつくる版形式は大きく4つに分類できます。

版の形式 木版(凸版) 銅版(凹版) 石版(平版) 孔版
版の種類 板目木版
木口木版
ドライポイント
メゾチント
エッチング
アクアチント 他
リトグラフ シルクスクリーン

リトグラフ

リトグラフは、表面を磨いた石灰石(石版)の上にクレヨンや油性の墨などで直接作画し、その上に酸性の液を塗って、作画した部分にだけインクが乗るように加工します。油が水をはじく原理を利用したものです。彫ったり削ったりする必要がなく、作家が直接自分の手で描けるのが特徴です。描いた線、面がそのまま版画になるという表現の自在性から多くの作家が手がけている技法です。

シルクスクリーン

絹やナイロンに感光材で図柄を写したり、画像を切り抜いたフィルムなどを張り付けインクが通る部分と通らない部分にわけて、絹の孔を通してインクを紙に押し出す方法がシルクスクリーンです。シルクスクリーンは色の境界線がはっきりして、多彩で原色の鮮やかな作品が多く、また大量に刷るのに向いています。

ドライポイント

銅版にニードルと呼ばれる金属製のするどい針で直接刻画する技法です。線を刻んだ後にできるささくれをそのまま効果的にいかし、にじみのある柔らかい線を出すのがドライポイントの特徴です。

メゾチント

最初に版全体にロッカーという細い刃の道具で小さなささくれをつけ、やわらかなビロードのような黒いバックをつくった後、ささくれ等を部分的に取り除いていき、微妙な明暗の濃淡をつくり出すことができる技法です。

エッチング

銅板や亜鉛板の表面に耐酸性のニスを塗り、その上を針で描画しこれを酸につけると、露出している金属面が腐食して描線が強調されます。これを繰り返すことによって版をつくる技法です。

アクアチント

エッチングと同じく、腐食させ版を制作します。エッチングが線の表現に適しているのに対して、アクアチントは面の濃淡の表現にすぐれています。

ギャラリーアート六本木のご紹介

【所在地】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル7階D号室

【連絡先】
Tel 03-3405-0533 / Fax 03-3423-3496

【営業時間】
平日 10:00~18:00 / 日・祝 休

【東京都公安委員会許可】
第301118401187号