☎ 03-3405-0533

お電話でお気軽にお問い合わせ下さい
年中無休 10:00〜18:00
HOME >  取扱作家 >  洋画作家一覧 >  小島善太郎(こじまぜんたろう)

小島善太郎(こじまぜんたろう)

小島善太郎作品のご売却(買取)のご相談

小島善太郎の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、小島善太郎作品を無料査定・高価買取致します。

小島善太郎(洋画作家)

小島善太郎 絵画作品
小島善太郎絵画作品

小島善太郎(こじまぜんたろう)プロフィール

明治25年(1892) ~ 昭和59年(1984)
東京に生れ、同地で歿。

小島善太郎は、多摩・武蔵野の風景画を多く描いた。
画風はフォーヴィスムの温和な日本的消化である。
同時期に活躍した画家の児島善三郎とよく名前を間違えられることから、小島善太郎はサインを「Z.Kojima」、児島善三郎が「Z.Z.Kojima」としていた。
代表作に「林中小春日」「三多摩の秋景」「百草梅林春の団欒」「滝山城趾より多摩川を望む(滝山展望)」など多数。
遺作は没年に描いた「ラリーシュと老画家」である。

明治25年 小島善太郎、東京都新宿区に生れる。
昭和59年 同地で歿。

小島善太郎略歴

明治25年 東京新宿区に生れる。小島鎌太郎・みの の六男。
父親の事業の失敗から生活苦となり小島善太郎は小学校を中退し丁稚奉公、御用聞きをして一家を支える
大正7年 二科展に入選する
大正10年 野村證券社長の野村徳七の支援により小島善太郎はフランスに留学して、ゲランに学び、16世紀ヴェネツィア派の古典絵画に惹かれる
大正12年 サロン-ドートンヌに入選する
大正14年 帰国する
昭和5年 里見勝蔵、佐伯裕三、前田寛治、木下孝則らと独立美術協会を創立する
昭和6年 「独立展」を開催(現在も続く)して画壇に新風を巻き起こした
昭和7年 東京都南多摩郡加住村(現:八王子市)に移り住む。
小島善太郎は、八王子市内で子供たちに絵の指導を行い、小島善太郎を囲む会「愛善会」で地域との交流も深めた
昭和46年 百草園の近くにアトリエを構える
昭和59年 東京で歿。享年91歳

小島善太郎(こじまぜんたろう)作品の買取・査定・鑑定のお申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。 小島善太郎(こじまぜんたろう)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接お電話をいただき、絵画の査定・買取をご依頼頂くことができます。
ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。
お持込が難しい遠方の方等、お気軽にご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. お名前
  2. ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 作家名・作品名
  4. 作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)

    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496

ギャラリーアート六本木のご紹介

【所在地】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル7階D号室

【連絡先】
Tel 03-3405-0533 / Fax 03-3423-3496

【営業時間】
平日 10:00~18:00 / 日・祝 休

【東京都公安委員会許可】
第301118401187号