☎ 03-3405-0533

お電話でお気軽にお問い合わせ下さい
年中無休 10:00〜18:00
HOME > オフィシャルブログ > 絵画買取 > 美術品を手放す思いは皆それぞれ。

美術品を手放す思いは皆それぞれ。

2012年04月03日(火)

 

 

ある画廊さんから、一緒に査定をしてほしいと頼まれて

 

 

トランクルームに行ってきたことがある。

 

日本画、掛軸、10数点以上の作品を見て、評価をした。

 

 

お客様は他に3つの画廊さんへ問合せをしているとの

 

 

ことだった。

 

お互いに難しい話合いになるだろうと覚悟した。

 

 

ところが、話をしているうちに結論は簡単についてしまった。

 

 

その場で精算をし、和やかな空気の中で全てが終わった。

 

 

いつものように査定をし、いつものように買取をして

 

 

何事もなく終わったのである。

 

 

頼まれた画廊さんから、後から聞いた話だが、

 

 

その数時間後にお客様からメールが届いたそうである。

 

 

その瞬間、トラブルの文字が頭によぎったが、

 

 

それも考え過ぎで、

 

 

メールの内容は、このようなものであった。

 

 

この家は、祖父と父で50年以上に渡って美術品を収集して

 

 

きました。

 

 

それが今日、ようやく整理が出来たことで安心しています。

 

 

更に、美術品のシミやキズ等を直して、再び日の目を見させて

 

 

くれる機会が出来たことに深く感謝します。

 

 

長男としての責任が解き放され、美術品たちもとても喜んで

 

 

いると思います。

 

 

というお礼のメールであった。

 

ほっとするやら、とても勉強になった瞬間でもありました。

 

遺産としての美術品は相続したものにとっては、少しでも

 

 

高い金額で売りたいと思うのは本来、当然である。

 

 

その美術品の価値があればあるほど

 

 

倉庫に埋もれたままでいることに罪悪感にも似たものを

 

 

感じてしまう方もいるのだろう。

 

美術品を整理するといっても、色々なドラマがあり

 

 

皆それぞれの心情があるのだということを

 

 

知ることが出来た瞬間であった。

 

いつもの通り、査定して買取をする。

 

 

私にとっては、いつもの出来事でも、お客様の心情は色々なのである。

 

身が新たに引き締まる自分がいた。

 

 

 

 

 

 

ギャラリーアート六本木のご紹介

【所在地】
〒106-0032
東京都港区六本木7-15-17 ユニ六本木ビル7階D号室

【連絡先】
Tel 03-3405-0533 / Fax 03-3423-3496

【営業時間】
平日 10:00~18:00 / 日・祝 休

【東京都公安委員会許可】
第301118401187号