HOME > 取扱作家 > 日本画作家一覧 > 竹久夢二(たけひさゆめじ)

竹久夢二作品のご売却(買取)のご相談

竹久夢二の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、竹久夢二作品を無料査定・高価買取致します。

竹久夢二(日本画作家)

竹久夢二絵画作品

竹久夢二(たけひさゆめじ)プロフィール

明治17年(1884)~昭和9年(1934)
岡山県邑久郡で生れ、長野県の富士見高原療養所で歿。
本名は茂次郎(もじろう)。

竹久夢二は、詩や絵を描くのが好きであった。画家を志して、藤島武二、鏑木清方の影響を受ける。作品の多くは日本画の技法で描かれたが、応用美術としてのデザインに着目して、商業美術の概念を描いた。竹久夢二的美人は、明治時代から大正時代にかけて大いに流行した。

明治17年  竹久夢二、岡山県邑久郡で生れる。
昭和9年  長野県の富士見高原療養所で歿。

竹久夢二略歴

明治17年 岡山県邑久郡で生れる
明治34年 家出して単身上京する
明治35年 早稲田実業学校に入学する
明治38年 「中学世界」に竹久夢二『筒井筒』が第一賞入選する。このとき初めて夢二を名乗る
明治42年 最初の著書『夢二画集-春の巻』発刊、ベストセラーとなる
大正3年 日本橋呉服町に「港屋絵草紙店」を開店する
大正13年 アトリエ兼自宅・少年山荘を現・東京都世田谷区松原に建設する
昭和5年 群馬・伊香保温泉に、「榛名山美術研究所」の構想、のちに建設
昭和6年 渡米告別展を新宿三越他で開催。渡米する
昭和7年 9月にパナマ運河~大西洋を経て渡欧
昭和8年 9月神戸に帰国する
昭和9年 竹久夢二、長野県の富士見高原療養所で歿

竹久夢二作品の主な収蔵先

【名称】竹久夢二美術館

【HP】http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/index.html

【開館時間】10:00~17:00(入館は16:30まで)

【休館日】月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、展示替え期間中、年末年始

【住所】〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-2

お申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。 竹久夢二(たけひさゆめじ)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、 是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接、査定・買取をご依頼頂くことができます。ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。お持込が難しい遠方の方は、こちらをご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. 1.お名前
  2. 2.ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 3.作家名・作品名
  4. 4.作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 5.作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)
    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496