HOME > 取扱作家 > 洋画作家一覧 > 中川一政(なかがわかずまさ)

中川一政作品のご売却(買取)のご相談

中川一政の絵画作品は、現在でも人気のある作家の一人です。
ギャラリーアート六本木では、中川一政作品を無料査定・高価買取致します。

中川一政(洋画作家)

中川一政絵画作品

中川一政(なかがわかずまさ)プロフィール

明治26年(1893)〜平成3年(1991)
東京都本郷に生れ、同地で歿。

中川一政(なかがわかずまさ)は、東京都に生まれ洋画家、美術家、歌人、随筆家でもある。自由奔放な色彩とタッチで油絵を描くほか日本画、水墨画、書、陶芸など幅広い作品を残した。
97歳と長寿であったが、晩年まで創作活動を続けた。視力が衰えたため、中川一政は家政婦に絵の具の色の名を大きく書かせて描く時に見分けたという。絶筆はかねてから好んで描いたバラであった。中川一政の「バラ」を題材にした作品は判明しているだけで800点を超える。

明治26年 中川一政、東京都に生まれる。
平成3年  同地、本郷にて歿。

中川一政略歴

明治26年 東京本郷に生まれる
大正3年 巽画会展に出品した作品が岸田劉生に見出されて画家を志す
大正4年 岸田劉生主宰の草土社に参加する
大正10年 第8回二科展に出品する。中川一政、二科賞を受賞する
大正11年 春陽会が設立され、客員になる
大正13年 春陽会会員となる
昭和6年 中川一政水墨画展を開く
昭和12年 小川芋銭らと墨人倶楽部を結成する
昭和15年 邦画一如会を結成する
昭和35年 長輿善郎・中川一政・武者小路実篤・梅原龍三郎四人展を開く
昭和50年 中国文化交流使節日本美術家代表団名誉団長として中川一政が中国を訪問。文化勲章を受賞する
昭和61年 母の故郷である石川県松任市(現白山市)に松任市立中川一政記念美術館(現白山市立松任中川一政記念美術館)が開館する
平成元年 真鶴町に真鶴町立中川一政美術館が開館する
平成3年 東京都本郷にて歿

お申込み方法

当画廊は他社と違い経費を掛けない経営ですので、他の画廊より絵画作品を高く買い取ることが出来ます。 中川一政(なかがわかずまさ)の絵画作品のご売却をお考えの場合は、絵画買取を専門にしております当画廊に、 是非一度ご相談ください。

お電話でお申込み

直接、査定・買取をご依頼頂くことができます。ご質問なども受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

電話番号:03-3405-0533

フォームからお申込み

インターネットで絵画の査定を受け付けております。お持込が難しい遠方の方は、こちらをご利用ください。

絵画買取無料査定フォームはこちら

Eメールでお申込み

下記の必要事項をお分かりになる範囲でご記入のうえ、info@g-a6.comまでご連絡ください。

  1. 1.お名前
  2. 2.ご連絡先(電話番号・ご住所)
  3. 3.作家名・作品名
  4. 4.作品の種類(本画・版画、額装・軸装など)
  5. 5.作品サイズ(額・軸装全体寸法と画面寸法)
    ※出来るだけ作品画像の添付をお願いいたします。

メール送り先:info@g-a6.com

FAXでお申込み

下記より、PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入の上、FAXにてお送りください。

FAXお申込み用紙はこちら(PDFファイル)

FAX:03-3423-3496